« 2010年2月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

EPSON ES-D200の謎

電撃ホビーを50ページずつ400dpiでスキャンしたら7分くらいかかった。

今度は300dpiで80ページスキャンしてみたらスキャン自体は4分弱で終わったが、その後の保存(解析?)処理が14分くらいかかり、トータル18分もかかった。

次に300dpiで40ページスキャンしたら、スキャンと保存を合わせて4分くらいで終わった。謎だ。
一度にやる量が少ないほど早いみたいなので40ページずつスキャンすることにした。

ただこのEPSONスキャナがScanSnapより明らかに優れている点が、一度にセットできる枚数なので、20枚ずつやっていては冒険して買った意味がないかも。。。

400dpiないと小さい字が読めないかと思ったが、300dpiでも問題なかった。

400dpiでスキャン

Dengeki400dpi


300dpiでスキャン

Dengeki300dpi

付属ソフトにAcrobat9と読んでココがついていたのでOCRで文字を取り出してPDFに変換してみる。

読んでココよりAcrobatのほうがPDFの画質がいいのでAcrobatを採用。
OCRの精度は、それぞれ得意不得意があるようで何とも言えない。。。

PDFにした場合

Dengekipdf

サイズは、400dpiの場合は1.2GB、300dpiの場合は650MB、PDFの場合は450MBになった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月29日 (日)

自炊用スキャナEPSON ES-D200を購入

自炊用スキャナの検討


1.FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
 定番スキャナー。一番無難かと思われる。2009年2月発売

2.Canon imageFORMULA DR-2510C 2455B001

 紙送り精度がかなり良いらしい。ちょっと安い。2007年11月発売。ちょっと古い。

3.EPSON Offirio ES-D200

 口コミ情報が見当たらなかった。レビューだけあった。2010年7月発売。新しい。

新しいほうがいいかなと思い、3にする。
今注文すれば今日中にお届けということだったので夜に来るかと思ったら、15時くらいに来た。朝から出かけていて16時くらいに帰ったらポストに入っていた。やるなAmazon。

試しに電撃HOBBY2007年1月号の最初の50ページ(25枚)をカラーで400dpiでスキャンしたところ、7分ほどで終わった。次のスキャン分を解体するのが間に合わないくらいの速度。

保存方式はJPEG。350ページ全部をスキャンしたらファイルサイズが1.16GBになった。
ページ送りで詰まったり2枚送ったりはなかったので一安心。

付属ソフトでOCRとかPDFとかついているが、とりあえずJPEGで保存しておいて後でコンバートしようと思う。

ためしにiPadで見てみた。使用ソフトはComicGlass。ページ送りで2秒ほど待たされるかんじ。
見た目は問題なし。300dpiでも良かったかも。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

自炊をはじめてみる

 金曜日の読売新聞に自炊の記事が載っていて、自分でもやりたくなった。
最近は書斎の本棚がいっぱいで床に文庫BOXやコミックボックスが積み上がり、雑誌はそのまま積み上がり足の踏み場もない状態。
未来屋書店で8月いっぱい限定で買い取り割増をやっているのでチマチマ持って行っているが、売れるのは文庫やコミックばかりで、かさばるハードカバーや雑誌は処分できず。

とりあえず自炊のターゲットは雑誌・・・終わったらコンピューター書やビジネス書。
文庫やコミックは再度読みたいものは紙で持っていたいし、読みたくないものは売ればいいのでやらない。

雑誌で一番場所をとっているのが電撃ホビーとホビージャパン。モデルグラフィックスは薄いからOK。

まず自分で本の解体ができるか試してみる。

ネットでやり方を調べると
1.アイロンでのりを溶かす方式
2.電子レンジでのりを溶かす方式
3.ペーパーカッターで裁断
4.カンナで削る

1と2はカミさんに怒られるのでダメ。火は怖いし。
3は2年くらいまえに使わないと思ってペーパーカッターを捨ててしまったので、いまさら買うのは嫌。一度に10枚くらいしか切れない安物なのでホビージャパンなんてカットできないだろうし。

ということで4のカンナでやってみることに。

Kanna

子供のころから30年くらい使っているカンナ。今売っているかどうかは知らない。

表紙を手で取ってから背表紙のノリをカンナでガリガリ削る。5分くらい削ると下の写真のように。

Jisui01

等間隔に溝が掘ってあって、そこにもノリが付いていて、それはカンナでは取れない。
1ページずつ解体するときに手で取ることに。残っているノリがスキャナにつくとひどいことになるらしいので。

手で溝のノリを取ると、下の写真のようになる。

Jisui02

自分でも(ホビージャパン系は)上手に解体できるみたい。
スキャナを買うことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年9月 »