« 2010年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

Sony Reader PRS-650用カバーを自作

 輸入版のソニーリーダーを持っている知り合いが、カバーなしカバンに入れて電車に乗ったら液晶が割れたそうな。
日本版も輸入版のリーダーと強度的にはかわらなそうなので、むき出しで入れておくと危険かも。

ということでカバーを自作することに。店ではいつも品切れだし・・・。

用意する材料

文庫本カバー。縦方向がちょとと大きめの物。ブックオフで105円で売っていたので購入。
Cover

プラ板。1mmのものを使用。ちょうどいい大きさにカット。
Plaban

マジックテープ。手芸屋で売ってる。自作カバーによくつかうのでいっぱい持ってる。
Magictape

クリアファイル。切っちゃうのでいらなくなったもの。
Clearfile

それと、よくつく両面テープとはがせる両面テープ。はさみ、カッターなど。

作り方

まず、文庫カバーのヒモ(?)が邪魔なので切ってしまう。
Cutcover

右側にプラ板・・・液晶ガード用
左側にクリアファイル・・・はがせる両面テープがよくつくように。
どちらもよくつく両面テープでつける。
Ryomentape

クリアファイルのほうにはがれる両面テープ(はがす気がないならよくつく両面テープ)をくっつけてリーダーのPRS-650をくっつける。
とじるところにはマジックテープをつける。
マジックテープ

Reader用カバーの完成

Kanse


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Reader PRS-650用カバーを自作

 輸入版のソニーリーダーを持っている知り合いが、カバーなしカバンに入れて電車に乗ったら液晶が割れたそうな。
日本版も輸入版のリーダーと強度的にはかわらなそうなので、むき出しで入れておくと危険かも。

ということでカバーを自作することに。店ではいつも品切れだし・・・。

用意する材料

文庫本カバー。縦方向がちょとと大きめの物。ブックオフで105円で売っていたので購入。
Cover

プラ板。1mmのものを使用。ちょうどいい大きさにカット。
Plaban

マジックテープ。手芸屋で売ってる。自作カバーによくつかうのでいっぱい持ってる。
Magictape

クリアファイル。切っちゃうのでいらなくなったもの。
Clearfile

それと、よくつく両面テープとはがせる両面テープ。はさみ、カッターなど。

作り方

まず、文庫カバーのヒモ(?)が邪魔なので切ってしまう。
Cutcover

右側にプラ板・・・液晶ガード用
左側にクリアファイル・・・はがせる両面テープがよくつくように。
どちらもよくつく両面テープでつける。
Ryomentape

クリアファイルのほうにはがれる両面テープ(はがす気がないならよくつく両面テープ)をくっつけてリーダーのPRS-650をくっつける。
とじるところにはマジックテープをつける。
マジックテープ

Reader用カバーの完成

Kanse


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

Sony Reader用の自炊方法のまとめ

 Sony Readerを使い始めてからは片づけのためではなく読むための自炊をするようになり、いろいろ試しているので現時点でのまとめ。

小説のスキャン方法

 文字なのでグレースケールスキャンをする。白黒だとOCR認識率が落ちるので。
なぜか小説の紙は黄色っぽいのが多いので紙の色が出ないよう、下記のスキャンオプションで調整。


・イメージオプションで青を強調するか赤を飛ばすように設定。
 赤を飛ばすと薄めの画像になるので青強調のほうが良い感じ。
 ほんとはどれか青だけでスキャンってのがほしい。 

・それでも紙の色がスキャンされる場合は明るさを増やして消えるようにする。

Epson_scan

Sony Readerで読みやすいファイルの作成方法

サンプル画像は文庫。早川書房 ベルガリアード物語5 デイヴィット・エディングス著 598画像
元が文庫本なので用紙あたりの文字サイズが大きいので自炊向き。

1.JPEG画像をReader用サイズにしたePubファイル・・・66MB

B_epub

 一番見やすいので、読むときはこの形式で保存している。
画像ファイルなので検索はできない。サイズは大きい。
ChainLPという、ZIP圧縮したJPEGファイルをePubに変換してくれる優れものソフトを使用して作成。
自動でReaderに最適化したサイズ(584 x 754pix)にリサイズしてくれる。
Readerの画像圧縮ロジックが貧弱で、Readerに圧縮させると画像がガタガタになって見れたものではない。
さらに余白を削ってくれたり、ガンマ補正をしてくれる。

2.PDFにした画像をOCRで変換したファイル・・・11MB

B_pdf

 検索ができて見やすくてサイズも小さい。字が薄いのは元画像(スキャン)が悪いのかも。
元の画像を高圧縮で背景として残し、似たフォントを上に重ねている(らしい)。
なぜかReaderでは1ページめくるのに10秒~1分かかってしまい、使い物にならない。
後ろのページにいくほど遅くなるのかも・・・1度はまったく動かなくなりリセット。


3.読んでココでテキストPDFに変換したファイル・・・3.3MB

B_yonde_org

 検索ができるがフォントが読みづらい。サイズは小さい。
フォントを明朝に変更すると読みやすくなるが、ページ送りが遅くなる。どうもAdbe Acrobat 9で保存するとReaderで使えなくなるらしい。

※2011/7/17追記
 PDF Ver.1.7で保存しているせいでした。Ver.1.5, 1.6ならReaderで読めました。

読んでココはバッチ処理ができない上に1回あたり500ページしか処理できないので作成が大変。1冊20分くらいかかるので寝ている間にいっぱい処理させたいのに。
500ページ以上ある本は複数回に分けて作成してAcrobatでマージする。マージだけならReaderで読めるファイルになるみたい。

新書・ハードカバーの場合

サンプル画像は新書(?) 講談社 化物語 下 西尾維新著  411画像

新書・ハードカバーは文庫よりは字が小さくなるが、不便は感じない。

1.JPEG画像をReader用サイズにしたePubファイル・・・34.5MB

Epub

2.PDFにした画像をOCRで変換したファイル・・・10.8MB

Pdf
薄いのは元画像がいけないかなと。

3.読んでココでテキストPDFに変換したファイル・・・3.3MB

Yonde_org

まとめ

読むのはChainLPで作ったファイルが良いみたい。600ページの文庫で60MBオーバーになるので読んだら消さないといけない。

読んでココのPDFファイルは読み終わったあと検索したいものを変換してReaderに入れておくのにいいかも。

例)京極堂シリーズで「この人ってどこで出てきたっけ?」というときに1000ページ以上ある本を何冊も読み返さなくて済むかも・・・京極堂の新刊が出たら、京極堂シリーズの自炊を考えようかと。

販売されている電子書籍は絶版のものが多く、だいたいがブックオフで105円で売っている。
新刊でも定価の半額になっていて、しょっちゅう50%オフセールをしているので定価の25%で買える。
また、表紙の傷具合で値段を決めているみたいで最新刊でも105円のときがある。
先日は宮部みゆきの小暮写眞館を105円で買えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月22日 (土)

ソニーのReaderを使い始めた

最近いろいろな端末を試していて、新しく出たSony Readerも使い始めました。

いまのところの棲み分け

Sony Reader・・・6インチ画面は少し小さいがeインクはとても目に優しい。
          白黒なのでカラー雑誌を見るのにはむかない。小説専用。

iPad・・・カラー雑誌を見るのに使うにはいいけど、持ち歩くには大きくて重い。家用。

iPhone・・・専用アプリでニュース見る。日経新聞、ImpressWatchなど。
      画面が小さくて目が痛くなるので電子書籍には向かない

Android・・・HT03AとIS01を使用。AndroidでできることはiPhoneでできるので最近は持ち歩いていない。

AndroidPAD・・・7インチの9,800円のやつをお試しで買ったけど、遅くて使えない。
         液晶が悪いのか、目も痛くなる。
         大きさは理想的。

WindowsMobile・・・W-ZERO3。画面が小さくて解像度も低くて目が痛くなる。
           最近はEXCEL用。

現状は雑誌を読むのはiPad、小説を読むのはSony Reader。ネットニュースはiPhone、ほかは使っていない。

Sony Readerが自炊本以外に電子書籍としてシャープのXMDF形式、標準規格?のePub形式、PDF形式。あと画像ファイルはJPEG形式が見れた。

ePub、PDFファイルは自分で作れるがXMDF形式は買うしかない。

XMDF形式を売っているサイトメモ

 とりあえず下記のReader Storeとモバイルブックジェーピーで3冊ほど買ってみたが、価格が紙の本の80%くらいで品ぞろえは絶版本がばかり。
サイトで買うくらいならブックオフで105円で買って自炊したほうがいいと思う。

Reader Store・・・Sony Reader専用ストア。
 ・コピーガード付きXMDFファイルを売っている。たぶん自分のReaderでしか見れない。
 ・これから「正義」の話をしよう、悪人などここにしかないコンテンツが少しある。
 ・それ以外はほかのサイトと同じ内容。
 ・価格は紙の本の80%くらい。

モバイルブックジェーピー
 ・XMDF形式、T-Time形式などが多数ある。端末の指定はない。
 ・XMDF形式の本はSony Readerで読めた。
 ・コピーガードもかかっていないみたいで、買ったXMDF本がReaderで読めた。。
  ソニーのReader Storeにある古い本はみなあるので、こっちで買ったほうが良いみたい。
 ・新刊はないみた。

SpaceTownブックス

 ・シャープのザウルス用の書店らしい。
 ・XMDF形式で売っている。
 ・品ぞろえは上記サイトとあまりかわらないが、ここにしかないのもいくつか見かけた。
 ・立ち読み版XMDFはReaderで読めた。

電子書店パピレス
 ・XMDF形式、T-Time形式、PDF計形式など多数ある。端末のしてはない。
 ・品ぞろえはここが一番いい感じ。ほしいのがたくさんあるけどT-Time形式ばかりなのでReaderで読めない。
 ・XMDF形式は買ったことがないが、立ち読み版はReaderで読めた。
 ・XMDF形式の本は上記のモバイルブック ジェーピーと同じものばかり(読みたいのは)
 ・新刊はないみた。

電子文庫パブリ

 ・XMDF形式、T-Time形式、TEXT形式がある。
 ・出版社が集まってやっているらしい。
 ・1話づつ売っている場合もあるが、割高なような気が・・・。
 ・1話目無料というのがありそれはうれしい。(カード登録しないと落とせないけど)
 ・Readerで無料版XMDFは読めた。

eo電子書籍

 ・XMDF形式、T-Time形式、PDF形式がある
 ・品ぞろえはいいほうかも。「悪人」がここにもあった。
 ・立ち読み版XMDFはReaderで読めた。

おまけ・・・ショップじゃないけど

達人出版会

 ・Reader用に青空文庫をPDFしたファイルを公開しています。
 ・とても見やすいPDFなのでPDFファイル作成の参考にしています。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年11月 »