模型・ジオラマ

2007年9月 9日 (日)

大鉄道博覧会

 両国の江戸東京博物館のイベントでやっていた「大鉄道博覧会」に行ってきた。
古めかしいところで古めかしいお題の博覧会だが、内容も古めかしかった。

日本に鉄道がひかれた明治から昭和30年代くらいまでを中心とした、車両の模型や写真、駅の風景などが展示されていた。実物大の展望デッキとかも。
万世橋にあった旧交通博物館の展示物も結構あった。

昨日の新聞の投書欄で知って、鉄な下の子(2才)が喜ぶかと思って行ったのに思わぬ収穫が。

鉄道ジオラマコーナー

昭和30年代をテーマにしたジオラマだった。
どこかで見たことがあるなぁとおもったら、レッツプレイレイアウトの著者の一人の宮下洋一氏の作品だった。

Miyashita

生ジオラマを拝めた。
帰りにお隣の駅のイエローサブマリンとか海洋堂の生ジオラマで目の保養をしようと考えていたが、その必要はなくなった。
全部で6、7作品展示してあった。

しかし息子が「コレは動いていないからあっちを見ようよ!」と駄々をこねるのでじっくり見れなかった。
子供は電車が走っているでっかいジオラマが好きらしい。

残念ながら「大鉄道博覧会」は今日まで。。。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年7月 2日 (月)

ヒルドルブの写真撮影

 その後・・・ちょこちょこと微調整で地面をいじったりしていたが、基本的に完成したので写真撮影をした。
イメージ的には炎天下のもとで撮影したかったが、ずーっと雨又は曇り。しかたがないので室内で撮影した。

2週間ほど前に一度だけ晴れたのでベランダで撮影したが、逆光だったのかシャッター速度が速すぎたのか、陰で見えない写真が出来上がった。気づいたときは夕方だったので、やりなおしができなかった。

Ymt0531


撮影した写真はガンコレトップページアルバムからどうぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2007年6月 3日 (日)

大体完成

 ザクの最後の仕上げでデカールを貼る。デカールを貼る段になって、このザクが誰の搭乗機かわかっていないことに気づき、DVDで確認することにした。(最初から最後まで見てしまった)
隊長のセリフから、6機のセモベンテ隊ザクの搭乗者をまとめると・・・・

No.321 隊長機(ツァリアーノ)
No.322 ペンター機・・・2撃目が上にそれて左肩をやられる。
No.344 ジャクソン機・・・ナパーム弾にびびってやられる。
No.343 スチュワート機・・・変形したヒルドルブにびびってやられる。
No.342 ボロゴノフ機・・・ヒルドルブに体当たりされてやれれる。
No.324 クルス機・・・ヒルドルブの初弾で後ろから撃たれてやられた(名前を呼ばれていないが消去法で)

で消去法でいくと、この蜂の巣になってマシンガンをヒルドルブに奪われたザクはペンター機ということになる。
このフィギュアはペンターさんということで(^^;

Ymt0530a

ということで左肩に被弾した痕を急遽つけることにした。顔の損傷も最初のヒルドルブの遠距離射撃でやられたみたい。稜線に隠れているシーンで既に壊れていた。
肩のNo.は322。頭にも赤で322をつけてみたが、目立たないのでやめた。(あまったのでシールドにつけた)
シールドは全機共通のK000。腕の関節に赤で○。左胸にジオン軍マーク。

Ymt0530b

これで大体完成。
ヒルドルブが巻き込んだザクの右腕を前方キャタピラに配置しなおし、木工ボンドで固定。シールドもすぐに倒れてしまうのでボンドで固定。
ザクと左腕の位置は微調整の余地があるので固定していない。
ヒルドルブの砲身の方向も写真のようにするか、ベースに平行(写真のより左より)にするか悩み中。
位置はここでいいけど、ヒルドルブは重くて動かないので固定しないことに。

あとは汚しの微調整をちらほら。トップコートで固定するかしないかも悩みどころ。時間と共にどのくらい汚しが消えるかわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月31日 (木)

1/400の人

じゃいあんさんのところで紹介されていた1/400のフィギュアを早速購入。イクスピアリの天賞堂で売っていた。
鉄道模型屋だが飛行機の模型もたくさんあつかっている。

1/400はたぶん旅客機用ストラクチャ。でも旅客機はみな1/500。なぜか人だけ1/400。
Figure0

今回はお金がなくて買わなかったが、1/200の戦闘機用ストラクチャもガンコレに使えそう。

1/400のほうの中身はこんな感じ。
Figure1


余談
 イクスピアリに行ったついでに「みんなの地図」のPlaceEngineに登録しようと思ったら、既に誰かが登録していた。無線LANだけでイクスピアリ内をかなり正確にナビできた。この分だとディズニーランドも誰かやってくれているかも。

本題
塗装してみた。
Figure2
爪楊枝でタミヤのエナメルの肌色とねずみ色を塗装。肩のマークとベルトと髪の毛とブーツは、ガンダムカラーペンの極細(黒と茶)で塗った。

Ymt0529a

ザクのパイロット。ザクが蜂の巣になっても生きていたということで(^^;

Ymt0529b


| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年5月27日 (日)

やられたザク

 手付かずのザクに着手。
塗装したくなかったので、元の色のまま汚しでごまかすことに。
腕と足とシールドと頭をタミヤエナメル塗料のダークイエローで軽くウェザリングしたあと、色鉛筆の黄土色でエッジを汚す。しかし、ちょっと赤が強い色なのでいまいち。文房具屋でもうちょっとダークイエローっぽい色を探そうかと。
エッジを汚したついでに色鉛筆で面にもこすり付けて全体を茶色っぽくする。

Ymt0528a

弾が当たった痕は、ピンバイス(0.5mmくらい)で穴を開け、黒で墨入れ。周りはウェザリングマスター黒で汚す。(普通にパステルを使おうと思ったが、2年前にどこにしまったか忘れた.)

Ymt0528b

モノアイは消えた感じを出そうとウェザリングマスター黒を上に薄く塗ったが、はげてしまった。。
胴体はヒルドルブ同様に色鉛筆の緑でエッジを汚したが、これもはげてしまったらしい。まとめてやらずに1つづつトップコートで定着させないとだめみたい。

Ymt0528c


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月20日 (日)

ひさびさにジオラマの続き

 2ヶ月くらい机の上に放置してあったんだろうか・・・。

どこから手を付けて良いかわからなくなっているので、とりあえず地面を塗ってみることに。
これまでポスターカラーで塗っていたが、水彩画が最近流行っているせいで水彩絵の具しか売っていない。ポスターカラーでほしい色(黄土色)が売っていない。
アクリルガッシュとかいうのがあったので中身が専門用語でよくわからないが、12色入りを箱買いしてみた。
結局黄土色は入っていなかったので、白と黄色と黒と赤で作ることに・・・。

今回は暗い色から明るい色へ塗り重ねていくことにした。

Ymt0527a

1 -> 2 -> 3まではアクリルガッシュ。発色が良くわらなくて黄土色が作れなかった。
最後の4は、モーリンのシーナリーサンドをばらまいて、霧吹きで水をかけた。最終的には前回と同じシーナリーサンド色になってしまった。

Ymt0527b

着弾跡のつもりでススをつけ、ところどころ草を設置。

Ymt0527c

ヒルドルブとザクを置いてみてイメージを確認。ザクが手付かずなので、次はザクかな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年3月21日 (水)

ジオラマベースの作り変え

今日は朝から日本橋高島屋へ山本隊員のナマズン(ポケモン)をもらいに行って一日がつぶれた。この前のしょこたんのトロピウスのときは3時間も並ばされたので、今回は早めに行った。朝9時すぎくらいに地下鉄を降りて高島屋の入り口に行くとすでに行列が50mくらい。10時の開店前には見えないところまで(地下鉄の駅員が迷惑そうにしていた)。

地下から屋上まで階段で昇らせるのかと思ったら、開店5分前に入れてくれて5階まではエスカレーターで。5階から屋上(9階?)はベビーカーと下の子をかついで階段で・・・。屋上に着いた時には上の子がもうナマズンをもらい終わっていた。
疲れたので、そのまま屋上のベンチで昼前まで休憩した。昇ってくる人たちを見ていたら10時半には行列がなくなり、係員が暇そうにしていた。早く来て馬鹿を見てしまった。前回は同時に16人しか処理できていなかったが、今回は100人くらい同時に処理していた。

奥さんの仕事が13時までだったので、途中で合流して昼を食べて家に帰ったら16時だった。さらにサッカーの練習に付き合わされて、ヨーカ堂への買い物につき合わされ21時・・・。

しかし子供たちと奥さんも疲れて帰ってすぐに寝てしまったので、思わぬ自由時間が。(晩飯を食っていないんだが)
今日の疲れで頭がガンガンに痛くて細かい作業もプログラミングも出来そうにないので大雑把な作業をすることに。。。
地面が平らで間が抜けているのでデコボコにしようかと思ったが、その前に台を上げてみることに。

Ymt0525

下に10mmのバルサを入れて底上げしてみる。張り合わせた後、ヤスリやらかんなやらで2枚のバルサを平らにする。台座に貼り付けたら台座との間に1mmくらい隙間ができてしまったので木工用エポキシパテで埋める。
横もニスで塗ろうかと(バルサにぬれるのか?)思い、最初に塗った黒色を削り落とす。張り合わせ部分がいまいち落ちていないが、ニスを塗ってなんとかなるか?な。。。

先日作ったやられたザクIIを置いて写真でレイアウトの確認もする。
ザクIIはあれから、くりぬいたスカートと裾の内側をパテできれいにして、色を塗って組み立てた。内側なので見えないが。。
0.3mmのプラ板でディテールアップしたところも色を塗った。写真では見えないが、色をぬるとまぁまぁなので、そのままにすることに。

地面はシールドのあたりと、ザクIIの足の辺りを盛り上げてみようかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年3月11日 (日)

ヒルドルブにやられたザクII

 とりあえず土台に載せるものを全部用意できないと最終的なイメージがわかないので、ザクIIの残骸を先に作ることにする。

もったいないので色々な改造に部品取りで使ったザクの残りパーツを使う。
色々混ざっているが、本体は(たぶん) J型じゃないかと。。。

Ymt0524

スカートと足首のところはくり抜く。前は足首を残したままくり抜こうとして苦労したが、足を切り離したら楽に出来た。

腕や頭のパイプの断面は歯ブラシの毛や使い古した接着剤の管などを差し込んでみる。

シールドの裏と足の裏は0.13mmの薄薄プラ版を貼って適当にくり抜く。ちと適当すぎた。色を塗ってみて変だったらはがすかな。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

ヒルドルブの土台の表面加工

余談
 今回は幼児が家にいるのでリペイントはせず、墨入れと汚しだけでヒルドルブを改造(?)した。
ノーマルとどう違うかの比較。
最初にゲットしたヒルドルブを改造したので、自分でもノーマルがどうだったか忘れた。2個目を組み立ててみる。

Ymt0523b
[クリックすると大きい画像になります]

自分の感想・・・砲身は上を向いていたほうがかっこいい。直そうっと。
 
本題
 土台に着色しただけではいまいち雰囲気がわかないので、表面加工もしてみた。

Ymt0523a
[クリックすると大きい画像になります]
セラミックススタッコを使ってみたら、なかなか良い材料だった。着色したセラミックスタッコでキャタピラのわだち(?)を作る。モデリングペーストよりもやわらかくて加工がしやすかった。乾くのは遅い。
ついでに着色したセラミックスタッコを表面にも塗ってみた。細かい粒子が入っているのでざらざらした感じになる。
乾いた後、表面を軽く水を筆で塗って(霧吹きしてもよかったが)、その上にモーリンのシーナリーサンドをパラパラとまいてみた。

地面の表面はこんな感じでいい気がするが、全体としてなんかパッとしない。とりあえず草を置いてみる。せっかく見つけたのでボンドではなくマットメディウムを使ってみる。ボンドより使い勝手がいい。

草を置いてもまだ間が抜けている。地面が平らなのがいけないのかも。構図もいまいち?
そもそもほそ長い台にしたのが間違い??
やり直しカナ。。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年2月28日 (水)

ヒルドルブの土台に着色

 モデリングペーストの白い色のままではイメージがつかめないので色を塗ってみる。

黄土色を買うのを忘れていたので白・黄・赤・黒を適当に混ぜる。なんか砂漠のときもそうやっていたような・・・。

Ymt0522

キャタピラで地面はこういうふうに盛り上がるのだろうか。泥ならありそうだが。
舞台はアリゾナの砂漠だが、イメージは荒野。硬い地面のイメージ。硬い地面だから盛り上げる必要ないのかなぁ。

余談2
 材料をあさっていたら「セラミックスタッコ」とかいうのまで出てきた。これも何に使うんだか。。
マットメディウムは接着剤にするつもりで買ったのかも。モーリン株式会社さんのHPを見ていたら載っていた。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧